沖縄へ転職 正社員として働いて感じた5つのこと

はいさい。ウエログのウエハラです。沖縄に2014年の9月に移住して1年9ヶ月経ちました。沖縄で正社員として働いて感じだこと5つのことを書いていきます。

給料が安い

ITA18FXIBL

みんな大好きなお金から。私も面接ので事前に、「沖縄で働くと給料は減りますけど大丈夫ですか?」と聞かれました。はじめはえっ。と思いましたが。最新の2015年の沖縄県平均年収がありました。

沖縄県の平均年収
355万6400円
都道府県ランキング 47位

平均月収:25万5000円
平均賞与(ボーナス):49万6400円
平均年齢:42.2歳
平均勤続年数:10.0年

年収ガイドより

やっぱり沖縄は最下位ですよね。平均年齢が42歳なので、20代ならもっと少ないわけです。

2009年は最下位脱出!みたいな記事もありましたが過去のことです。

県民所得、平均279万円 沖縄が最下位脱出 :日本経済新聞

ちなみに全国一位の東京都は。

東京都の平均年収
623万5400円
都道府県ランキング 1位

平均月収:41万2400円
平均賞与(ボーナス):128万6600円
平均年齢:41.9歳
平均勤続年数:12.6年

年収ガイドより

平均年収にして約268万円…。現実を見ることは大切です。切なくなります…。給料は減ります。(職種にもよるかもしれませんが)でも資格を持った方や、給料が減ることを覚悟の上なら問題ないでしょう。

 

交通渋滞がひどいでも満員電車よりはマシ

6F4302CB15

沖縄県は電車など車以外の公共交通機関が那覇市内の一部のみのモノレールしかなく、ほぼ車のみで移動します。朝・夕の渋滞の平均旅行速度は15km/hで、東京、名古屋、大阪などの大都市に匹敵する混雑状況となっています。私は職場から近い所に家がありますので渋滞の道を通ることはありませんが、那覇市に向かう車は毎日渋滞しています。でも大都市の満員電車よりはマシですし、大好きな車に乗っていられると逆の発想の方なら通勤時間も苦痛にならないでしょうね。

 

同じ業界で転職する人が多い

KD30XPQR0A

建築系の仕事をしていますが同じ業界で3~4社を渡り歩いて最後に初めの会社に戻る。みたいな人が多くいらっしゃいます(きまずくないのかな)。職人さんが多い業界はで多いのかもしれません。その分業界内での横のつながりは非常に強いと感じています。

 

人の名前・地名を覚えるのが大変

SWRREC0K3A

観光に来て道路標識の地名が読めない。仕事中車で移動することも多いのですが、独特な地名が多いのです。東風平(こちんだ)・南風原(はえばる)・保栄茂(びん)・勢理客(じっちゃく)・阿波根(あはごん)仲村渠(なかんだかり)なんて初めてみても読めませんよね。運転するときに標識を見て分らない地名が出てきて楽しいですけど。電話対応のときに名前を聞きなおすことが増えました。

 

沖縄の人はシャイでも人懐っこい

LHFJ2DF399

仕事をはじめて初対面の時には結構みんな冷たいなー。と感じましたが、沖縄の人はシャイな人が多いですね。見た目が怖そうなお兄さんでもレジの順番を無言でおばあさんにゆずってあげたり(ちょっとちがうか)、ぶっきらぼうな職場のおばさんも子供の話になるとニコニコと話しかけてくれます。意外と恥ずかしがり屋が多いかもしれませんが。時間がたつとクシャっとした笑顔で心を開いてくれます。

いかがでしょうか。移住してからなんとなーく沖縄のお仕事で感じたことをお伝えしました。今回はできるだけネガティブな感じは出さずに書きました。いろいろな感想をお持ちかもしれませんが、個人的な感想なのでご了承ください。でもやっぱり沖縄は豊かな自然に美しい海すばらしい場所です。

それでわ。でわでわ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です