神社へ返したはずのお守りが戻ってきた不思議な話【沖縄・波上宮神社】

      2017/07/02

はいさい。ウエログのウエハラ妻です。

みなさんは古くなったお守りやお札はどうされていますか?

ほとんどのかたは、初詣の時などに神社の「古札納所」へ納められるかと思います。

宮崎から沖縄へ引っ越しをして、初めて古札納所へお守りをお返しに行った時の不思議な体験をお話します。

お守りをお返ししたはずなのに・・・

その日の天気は快晴。那覇市若狭にあります波ノ上宮へ向かいました。

車を駐車場に停め、車から降りて旦那さんと2人で確かに箱の中にお札とお守りが入っているのを確認して(普段はわざわざ確認しないのですが、その日はなぜか確認していました。)旦那さんはその箱を持ち、私は子ども2人を連れて境内へ向かいました。

参拝して、持ってきたお守りやお札へ「ありがとうございました。」と言って賽銭箱の隣にあった古札納所へお返ししました。

そこで不思議なことが起きました。

古札納所から10歩ほど歩いたところでポトッと私の頭に何かが当たりました。

あれ?と思って、下を見ると地面に何か白いものが落ちています。

あれ!?

あわわわわわ!さっき古札納所へお返しした中の一つのお守りが落ちてる‼︎‼︎‼︎

やばいやばい。

旦那さんと私…はい!目が点です。どういうことでしょう!?(旦那さんも、白い何かが降ってきたのが見えたそうです。)
さっき2人で箱の中を確認した際、確かにこのお守りも入っていました!いました!!
それなのに空から落ちてきた。

そう。お守りが天から落ちてきたのです!えっ!なんで?
こんなことあるのーーー?!!


このお守りの役目

私はストレスがかかると身体にでるタイプで、仕事などのストレスから膀胱炎になったりしていました。このお守りは、私の体調を心配した会社の仲間からいただいた「病気 平穏」と書かれたお守りです。

いただいてから、もう数年が経っていましたし、引っ越しのタイミングで古札としてお返ししようとしたのですが、

まだ役目は終わっとらんぞ!

と、頭をポンッと叩かれて喝を入れられた感じ。

その時のお守りがこちらです。


もちろんお守りは古札納所へはお返しせず、持ち帰りました。

お守りの神社は


今回の話のお守りの神社は、宮崎県都農町にある都農神社(地元の方からは一ノ宮と言われとても慕われています。)という由緒ある神社です。

私たちの結婚式もこちらで挙げさせていただきました。披露宴会場まで約1時間かかる場所ではあったのですが、わたしが小さいころお宮参りや七五三などでお世話になっていたので、わがままを聞いてもらい挙式を挙げました。

特に用事がなくても、ふと癒されに立ち寄る身近な神社で、沖縄に住んでいても神社の夢をみることもあります。どこに居ても守っていただいている気がしています。

おわりに

以前、霊感のある方に「あなた(都農神社に)護られてるわねー」と2回ほど言われたこともあり、前述のような感覚もあったため、そう違和感を感じませんでした。
(都農神社のホームページはこちら

この神社へ来るといつも優しい風が迎えてくれます。

こんな話をしていたら、久々に行きたくなりましたー。恋しいです。


【長女画 河童の川流れ】

宮崎には目立った観光処はないですが、天孫降臨、伝説、神話の国だけあって、パワースポット(スピリチュアルスポット)がたくさんあります。
自然の力(パワー)が欲しい方に、是非ともおすすめしたいです!

(帰省時にはそういった所もご紹介したいと考えています。)

神様は、私たちのことを遠いお空から見ています。
古札納所へお返しするのも良いですが、お役目終えて自然になくなるまで大切に持っておくのも良いのかもしれませんね。

以上、少しこころが「ホッ」とする、不思議な体験のおはなしでした。

 

それでは。ではでは~

The following two tabs change content below.

ウエハラ

2014年に家族で沖縄に移住。大阪生まれで沖縄にルーツを持つ。 移住・子育て・お店情報などを発信していきます。

 - 沖縄で暮らす