首里の名物【のまんじゅう】ってどんなもの?旧正月に思い切って食べてみた。

      2017/07/02

沖縄のお菓子【のまんじゅう】を知っていますか?空港や国際通りのお土産屋さんには売っていない、ニッチな県民食をご紹介します。

沖縄では旧暦の正月にお祝いをする地域があり、お正月が2回くるというお得な感じです。

私達が住んでいる南城市の地域はそこまで盛んではありませんが、トートーメー(沖縄のご先祖様・位牌のこと)に見たことのない食べ物がお供えされていたんです。

購入したお店はこちら。食べログでも紹介されています。

関連ランキング:和菓子 | 首里駅儀保駅

なんで【のまんじゅう】という名前なの?

こちらが実物。

のまんじゅう】とは白いおまんじゅうに【】と書かれたおまんじゅうなんです。非常に分かりやすい。

いただいたお店のチラシに由来が書いてありました。

のまんじゅうの由来、昔から沖縄ではお祝い事にを書きのしの代わり縁起物として重宝されています、また白色は法事用に使用しています。

のしの代わりにと書いているんですね。沖縄移住3年目で初めて知りました。面白い。


 

では早速食べてみましょう。

見た目はあんまんをひと回り大きくしたような感じ。月桃の葉の上に乗っていて独特な香りがします。中には意外とあんこがぎっしり詰まって重い。

そして甘い。かなり甘い。

私一人では食べきらなかったので、妻と二人でお茶を飲みながらやっと食べきりました。いやお茶で流し込みました。

甘党の方にはちょうどいいかもですね。二個入りでしたので、後日おいしく頂きました。

保存料を一切使用していない生ものですので、冷蔵庫に保管の上お早めに、(1~2日以内)にお召し上がりください。

との記載もありますので、すぐ食べきってください。

沖縄には、まだまだ知らない食べ物が日常の中に隠れているかもしれません。また報告します。以上です。

それでは。ではでは〜

The following two tabs change content below.

ウエハラ

2014年に家族で沖縄に移住。大阪生まれで沖縄にルーツを持つ。 移住・子育て・お店情報などを発信していきます。

 - 食べ物 ,