焦げ付きやすいみそ漬けやみりん干し料理がストレス無く焼けるフライパン用ホイルがマジ神【焼き魚(鮎)編】

      2017/07/02

クックパーは焦げ付かないやばい!!!


 

クックパーの使い方

用意するもの


1、フライパン

2、クックパー

3、鮎

今回は鮎を焼いていきます。鮎はすごくデリケートなお魚で身が滅びやすいので、焦げつくと凄くやっかいです。

なので、グリルで焼くと付きっきりで焼いても焦げ付き、身を持っていかれて見るも無残な完成図となりがちなので、どれだけキレイに焼けるかお届けします。

フライパンにクックパーをひきます



クックパーをフライパンのサイズに合わせてカット。裏表があるので「この面に食品をのせてください」と書かれた面を上にしてひきます。

 

鮎を置いて焼いていきます


グリルでも今回のフライパンでも冷凍から焼くと美味しく焼けるので、焼く直前に冷凍庫から出して焼くのをお勧めします。

 

裏返します


焦げ付き、ひっ付くことなく簡単キレイに裏返すことができました。しばらく放置している間に子どもたちと遊んでおきます。

 

完成


この焼き上がり。料亭に負けず劣らずの仕上がりに感動。

 

この通り、クックパーの破けなく、焦げ付き少なくフライパンは全く汚れていません。(このまま片付けちゃっても良いんじゃない?)

冷凍から焼いているのに水気が全く出ていないのがスゴイ。旨味を外へ逃さず、美味しさをそのままお口へと届けることができます。ステキ。

 - 沖縄で暮らす, 食べ物 ,