クックパーとアルミホイルでホイル焼き。焦げつき、破れ、ストレスなく調理できたのはどっち?

      2017/07/02

クックパーファンの私が、クックパーとアルミホイルでホイル焼きの出来具合いを比較してみました。

用意するもの

  1. フライパン
  2. クックパー、アルミホイル
  3. 食材

食材は何でもOKですが、今回はこのメンバーで作っていきます。

  • もやし
  • ニラ
  • かぼちゃ
  • 人参
  • しめじ
  • バター
  • ブラックペッパー

クックパーで調理


まずはお野菜、鮭をカットしクックパーを広めにカット。

※表裏があるので「この面に食品をのせてください」と書かれた面を上にして食材をのせます。


しっかりと包んでからフライパンにのせて火にかけます。(火にかける時間は材料の量や火加減によって調整してください。)

ちなみに、今回のホイルの包み方は、Fu/真面目に生きるさんの記事を参考にさせていただきました。ポイントはきっちりと封をする事とほんの少しのお水を入れるだけ。火を止める頃に封が解けてしまうのが少し気になりましたが、気になる方はお試しください。

Fu/真面目に生きるhttp://anahideo.com/cook-161021/

クックパーの出来ばえは?


中までしっかりと火が通っています。


完食。焦げつきもなく非常にきれいです。

アルミホイルで調理


クックパーと同じようにして、アルミホイルを広げて食材をのせ、包んで火にかけます。

アルミホイルの出来ばえは?


火の通りはバッチリ。


若干、焦げつきありますが問題なく食べることができました。

まとめ

ホイル焼きはクックパー、アルミホイルのどちらでも焦げつきもなく美味しく焼けましたが、包む時の丈夫さはクックパーの方が強く感じられ、安心して包むことができました。

食べる分には全く問題ないですが、作る立場として次からはどちらで作るかと考えた時は、頑丈さからいうと私はクックパーを選びます。少しでも参考になれば幸いです。

他の料理も試して記事で紹介しますね!

The following two tabs change content below.

ウエハラ

2014年に家族で沖縄に移住。大阪生まれで沖縄にルーツを持つ。 移住・子育て・お店情報などを発信していきます。

 - 沖縄で暮らす, 食べ物 , ,