アトピー性皮膚炎の痒みで夜も眠れない子どもの肌を治す方法

      2017/07/02

はいさい。ウエログの上原妻です。

長女に続き、アトピー性皮膚炎に悩まされていた次女。魔法のクリームに出会ってからの感動体験です。

 

きっかけは友人のタイムライン

今年5歳になる娘が生後すぐから悩まされていたアトピー性皮膚炎。3歳ごろには落ち着いてきたのですが、1歳の次女もまた同じ症状の痒みで夜も眠れないほど悩まされていました。そんなある日、宮崎に住む友人がタイムラインでアロマクリームを使ってアトピー性皮膚炎が治ったと。気になった私はすぐに電話で話を聞くことに。

 

一緒に作らないと売ることはできない。

早速電話をし、アロマクリームの購入を相談。「一緒に作らないと衛生上の関係等から売ることができない」との回答。すぐに行ける距離ではなく他に何か良い方法はないか聞いてみると、「買い揃えて自分で作るという方法もあるけど、揃えるのに6万くらいはかかるかな。」とのことで、断念。そこからどうにか自分で調達できる方法はないか必死に考えました。

 

アロマしてる友人が他にもいるじゃんか。

同じく宮崎に住む友人がアロマをしていたことを思い出し連絡。相談してみたところ、「あるよ。作てみるけど個人差あるし、幼児で肌に合うか分かんないから試供品送ろうか?」とのことで、早速お願いして5日後に到着。

 

アロマクリーム

クリームの材料は、

  1. ホホバオイル
  2. シアバター
  3. ミツロウ
  4. ティーツリー(この精油が入ると日持ちしないことからクリームを塗る際、都度1、2適混ぜて塗る。)

症状に合わせてこの1〜3の材料の分量を調整して作るのだそう。

 

これまでの肌の状態





ステロイドは極力避けたいとの思いから、市販の保湿クリームや近くの皮膚科で処方された漢方の塗り薬を使用。何度塗ってもすぐに乾燥し、まるで像の肌かのようにガザゴゾ。痒みによる夜泣きで毎晩2、3度は起きてクリームを塗っていました。

 

アロマクリームが届いて2日後。




もう、この写真を見れば一目瞭然ですよね。使用し始めてたった2日でこんなにも綺麗に。一日3回。最初のうちは痒がって乾燥している時には足して塗っていました。痒みによる夜泣きも次第になくなり、悩んでいたのが嘘みたいです。消耗してました。

 

試してみる価値あり。

娘の肌が見る見る回復し、感動しました。効果には個人差があると思いますが試してみる価値はあります。アトピー性皮膚炎で悩まれている方へこの感動を味わってもらいたいという気持ちが芽生え、アロマの勉強をしようかと思っています。その際はこれに関する記事を随時載せていこうと思っていますので、一人でも多くの方へお役に立てれば嬉しいです。

 

 

 - 沖縄で暮らす