JA共済と保険の違いについて

はいさい。元JA職員のウエハラです。

JA共済ってよく聞きますが、保険じゃないの?って思いませんか?私も実際にJAに勤め始めて、保険とどう違うの?って聞かれたこともあります。

ですので、今回はこの疑問にお答えします。

 保険と共済の違いとは

まず、共済について

共済というのはお互いに助け合うという意味があります。
共済はそれぞれが特定の組合員やその家族を対象としたのもので構成員(組合員)のための保障制度となっています。

ただ、組合員であればいいわけなので、組合員となればその共済に加入することができます。多くの共済の加入ハードルは決して高くありません。

参考 共済とは何か?共済と保険の違い。メリット、デメリットの比較。お金のことについてわかるサイト

続いて保険との違いについて、

共済と保険の違い

共済は「消費生活協同組合法(こくみん共済、コープ共済、都民共済(県民共済)」や「農業協同組合法(JA共済)」などによって規定されていますが、保険は「保険業法」が根拠法令となっています。

根拠となる法律が異なるため、共済と保険は全くの別物でありますが、ほぼ類似商品となります。

参考 共済とは何か?共済と保険の違い。メリット、デメリットの比較。お金のことについてわかるサイト

「ほぼ類似商品となります。」となっていますので、名前は違えど万が一に保証してくれるもの。と言う事には変わりはないようです

どういう人にオススメなの?

JA共済を含め共済に加入するには、組合に入らなければなりません。加入には条件がある場合がありますので、保険と共済どちらがご自分に合っているを考えたうえで、入りましょう。

ウエハラ(私)の場合

私の場合保険と共済どちらに入ってのか。

もちろん。JA共済です。

初めて入った自分の保障がJA共済

初めて入った車の保障もJA共済

初めて入った子供の保障もJA共済

周りに家族や親せきがおりませんでしたので、ノルマに四苦八苦しましたが、どうにか4年間勤めることができました。
助けていただいた諸先輩方本当にありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。

それでは。ではではー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です