→Twitter始めました @uelog_okinawa クリックして見にいく→→

デイトラDAY2 日商簿記3級『簿記とは』まとめ【30DAYSトライアル1st】

こんにちは。たすく(@uelog_okinawa)です。

デイトラDAY2 日商簿記3級『簿記とは』まとめ【勝手に30DAYSトライアル1st】の解説です。

前回までの記事↓

デイトラDAY2 日商簿記3級 単元1-9『簿記とは』

デイトラDAY2 日商簿記3級『簿記とは』まとめ【勝手に30DAYSトライアル1st】ということで、簿記の基礎について学びました。

クレアールの日商簿記3級 テキストブックの第1節〜第12節まで。

第1章『簿記とは』の感想

簿記の基礎についての感想です。

  • 仕分けはある程度暗記が必要
  • 資産・負債・資本・収益・費用の順番はとても重要
  • 銀行の立場でみた表現
  • 貸借対照表は左右の合計が一致
  • 資産はお金を稼ぐ源泉となるもの
  • 純資産が非常に重要
  • 収益は純資産の増加要因
  • 費用は純資産の現象要因

簿記総論という感じです。
テキストに占める割合は少ないけど、この内容を飛ばして先には進めませんね。

仕分けについても暗記

仕分けについても暗記は必要

  • どの勘定に記入するのか(勘定科目
  • 借方貸方おどちらに記入するのか
  • いくら記入するか(金額

仕分けのルール暗記も必須

現段階でちゃんと覚えなくても良さそうですが、どの勘定科目で、借方・貸方に仕分けるのかの判断は必要になってきますね。

  • 資産の勘定 → 増加は借方、減少は貸方
  • 負債の勘定 → 増加は貸方、現象は借方
  • 純資産の勘定 →増加は貸方、減少は借方
  • 収益の勘定 → 増加は貸方、現象は借方
  • 費用の勘定 → 増加は借方、現象は借方

貸借は平均する

簿記が美しいと言われる理由の1つですね。早くその美しさに出会いたい。

「借方に記入した金額の合計」と「貸方に記入した金額の合計は必ず一致する」

簿記学習のコツ!

簿記の学習をして気が付いた、コツです。これから学習する人のヒントになれば!

  • 最低限の暗記は必要(特にこの章)
  • 手を動かして練習する 
    →手を動かして、分からなかったらテキストをみる!
  • なぜそうなるのかを考える
    →前後の繋がり・全体像の把握

勉強のスタイル

仕事の合間にクレアールのMP3音源の聞き流しです。家に帰って今日聞いた内容の復習をします。

ブログを書くことで整理にもなりますね。

以上、デイトラDAY2 日商簿記3級『簿記とは』まとめ【勝手に30DAYSトライアル1st】でした。

  • 学習内容の復習
  • 理解の深掘り

ぜひ次回も読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です