→Twitter始めました @uelog_okinawa クリックして見にいく→→

デイトラDAY6 日商簿記3級『預金・現金④小口現金』【簿記30DAYSトライアル】

こんにちは。たすく(@uelog_okinawa)です。

デイトラDAY6 日商簿記3級『預金・現金④小口現金』の解説です。

前回までの記事↓

小口現金

日商簿記3級の『預金・現金』関連について学びました。

資格★合格クレアールの日商簿記3級

小口現金制度

経理係(会計係)とは別に小口係に現金を預けておき、日々の少額の支払いを小口係が行う制度。通常一定期間必要な金額をあらかじめ用意しておく、定額資金前渡制度が採られる。

小口係に預けられた現金は小口現金勘定として計上する。

支払報告に伴う補給

基本的に、使用した分を補給することになる。補給のタイミングは次の2つがある。

  • 当日補給(週末補給) → 支払いを受けたその日に補給
  • 翌日補給(翌週補給) → 翌営業日の開始時に補給

小口現金出納帳

小口係が経理係に支払い報告をするために移調する補助簿

現金・預金を終えた感想

現金・預金・小口現金について学びました。

簿記の考え方と、実生活での考え方を切り替えるのが大切ですね。

小切手も現金だし、郵便為替郵送小切手も現金勘定として振り分けます。

簿記は大人の教養

大人になってこれまで勉強してこなかった部分を細か学習している感じです。

  • 貸方・借方の合計額は一致する
  • 収益と利益は同じではない
  • 当座預金 → 小切手を振出すための口座
  • 簿記は会社の健康診断書

現金・預金まで終えた方、お疲れ様でした!

次回も一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です