【悲報】携帯電話を紛失したときどうしたの?iphoneをなくした話 その1

      2017/07/02

はいさい。ウエログのウエハラです。みなさんは携帯を紛失したことってありますか?

実は私たち昨年紛失しました。えっ!気づいたときにどうすればいいの!?って焦ってました。

紛失された方、これから紛失すかもしれない方の参考になれば幸いです。今回は紛失編です。

iphoneを紛失する

2015年8月

沖縄に移住して、そろそろ生活にも慣れてきたころでした。
近くのショッピングセンターで買い物をするため、妻と二人、当時3歳の娘を連れて地下駐車場に車を止めました。

エレベーターで1Fの店舗に入ったときあることに気づきます。

娘に持たせていた妻のiphoneが無い!!

そのころは、娘の機嫌をとる為に動画を見せていたんです。今思えば…

気が付いたのが早かったので、すぐ見つかるだろうと思っていました。
しかし、来た道をいくら探しても全く見つかりません。近くのごみ箱の中も探しましたが見つからず、念のため施設の案内所にて落し物の確認に行きましたが、届けられていません。

私の携帯から妻の携帯に数回電話を掛けましたが、

「電波の届かない場所にあるか、電源が入っていないためかかりません。」と。悲しい音声。

誰かに拾われてしまったのか…、二人とも途方にくれました。

仕方なく私の携帯で携帯電話会社に連絡し、携帯電話を一時止めてもらうことになりました。

不正利用を防ぐためにも、無くした方は下記にすぐ電話しましょう。

キャリアや、事前申し込みの有無等によって、受けられる紛失時サービスの内容が異なりますので、この際確認しておきたいですね。

盗難・紛失したときは | お客様サポート | NTTドコモ

紛失・盗難にあったとき | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

盗難・紛失でお困りのとき | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

ノートンブログさんが書いているのが、かなり参考になります。

絶対悪用させない!スマホを紛失した時に困らないための行動

警察署に紛失届を提出

翌日すぐに近くの警察署へ紛失届を提出しに行きましたが担当の警察の方に、

「紛失した携帯電話、特にiphoneやスマートフォンを無くすと帰ってくる可能性は低いですね。」
「製造番号とかわかりますか?」と聞かれましたが、iphoneの箱は処分していたため分からないし、ソフトバンクに確認してみましたがそこまでは分かりません。と言われました。

今のご時世、無事に帰ってくることの方が珍しいと聞き、妻も私もiphoneが帰ってくることに薄い期待しか持てませんでした。

紛失した携帯電話を解約する

一週間は届けられるかもしれないので待とうと思っていましたが、警察の方の話と、落としたお店に確認しても届けられておらず、なくなく残りの機種代金+解約金を払って携帯電話を解約しました。
妻の新しい携帯電話は、以前使っていたdocomoのスマートフォンがあったので、ビックSIMを契約して対応しました。

私たちに責任があった事

ここまで携帯電話を紛失するまでに私たちが、しておけばよかったことです。

  • iphoneのTouchIDまたはパスコードでロック画面を設定していなかった


    ほんまアホやん。ロック画面くらい設定しておけばよかったです。もう後の祭り。無くしたときのことなんて全く考えていませんでした。
    すぐに使える方がラクやんって考え。紛失したらすぐに個人を特定されるような電話帳やアプリなど、個人情報がバレバレになるなんて全然考えていなかったんですよね。しかも知り合いに被害が及ぶかもしれないのに。
    被害者から→加害者に。
    これは本当に不安でした。

  • iphoneを探すをオンにしていなかった


    ほんとすみません。妻の携帯だからとわたしも全然知りませんでした。
    「勝手にそういうのががオンになってるんでしょ?」
    ぐらいにしか思ってなかったんですよね。知らないことは罪です。

    設定していない人は結構多いかもしれません。
    そういえば!?GPS信号をたどって見つかるんじゃない??と思いついてググってみましたが、当然紛失してからはなすすべはありませんでした。

    iCloud: 「iPhone」を探す機能の概要

  • 娘(3歳児)に携帯を渡していた

    もう親バカでしょう。渡したから、落とすはずがない。って思ってたんですよね。

    しかも駐車場→エレベーター→店の中、までの間に落とさないだろうって。子供を責められませんし、完全に渡した親の責任です。

まさか自分たちが携帯電話をなくすなんて、思ってもいません。

リスク管理も全くできていませんでしたし、ショックでした。しかも妻は妊娠中。妻の体が心配も心配。

しかし、事態は悪化

落としてから約1週間後、紛失した妻のiphoneが誰かに使われているのがわかりました。

そいつは、wi-fiを使って妻のLINEのアカウントをそのまま使用し、プロフ写真と名前を「ゆうじ(仮名)」に変えていました。
妻の友人が気づき私たちに連絡してくれたので、ほとんどの友人がブロックをして対応していましたが、そいつが妻の携帯を使用しているのは確実でした。

拾われた相手が悪かった。

次回の更新は 携帯電話を紛失したときどうしたの?移住してiphoneを無くした話 ~紛失編~ です。

それでは。ではでは~

The following two tabs change content below.

ウエハラ

2014年に家族で沖縄に移住。大阪生まれで沖縄にルーツを持つ。 移住・子育て・お店情報などを発信していきます。

 - iphoneを無くした…