上原養蜂初めての内部検査

ハイサイ。

ウエハラです。

養蜂に必要な<内部検査>を初めてやってみました。

 内部検査とは

養蜂において必要な日常作業のひとつと言われています。

<内部検査>
内検は基本的に1週間から10日に一度行ないます。

【内部検査で確認すること】

  • 産卵の確認
  • 餌の確認
  • 病害虫の発見

ミツバチとの付き合いかた

山田養蜂場さんより

養蜂の仕事でいちばん大切なのは、ミツバチとのつきあい方です。

ミツバチは、巣箱に振動を与えたりしなければ、めったに人を刺しません。

巣箱の近くで走ったり、巣門の前に立ったりすることも控えます。

手荒に扱うと性格の悪いミツバチになりやすいので、できるだけやさしく接することが、ミツバチと仲良く付き合うコツです。

できるだけやさしく接すること”やってみます。

実際にやってみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月某日 天候:晴れ

場所:沖縄県中部某所

服装:雨合羽上下+蜂保護防止+防護グローブ

MacBook Pro なら簡単に動画編集出来そう。

20倍速でYouTubeにアップしてみました。


購入して1ヶ月ほど経っていますので、蓋を開けるのに苦労したけど、無事終了。

腰が引けているのが見えてて面白い感じになっていますw

内検を終えて

感じた事

  • ビビリまくっていたが、やさしく扱えばハチは刺しに来ない
  • アリの被害があると思っていたが、中には入っていなかった
  • 巣枠は重い結構
  • 持ち上げても蜂は刺して来ない
  • 性格はかなり温厚
  • 人口巣枠を準備していなかった為、自分たちで蓋に巣を作っていた
  • 上記で順調に蜂は増えていっている
  • 秩序が保たれている事に安心し、惚れた
  • 巣枠は美しい
  • 蜂の自然の摂理というか、働きに感服
  • 蜂をもっと知りたい
  • 蜂に直接触れたい
  • 蜂からもらえるものには敬意を評したいし、感謝したい
  • 蜂を見ていて全く飽きない(最高なもの見つけた)

ハチすっごい

養蜂楽しい

巣箱の中美しい

現場からは以上です。

それでは。ではでは〜

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です