→Twitter始めました @uelog_okinawa クリックして見にいく→→

【沖縄移住】老後にするべきか、若いうちにするべきなのか論について

沖縄に移住したい。と考えたことありますか?もし答えがYESなら、少しお役にてるかもしれません。この記事では、沖縄移住するタイミングについて、

https://i1.wp.com/uelog-okinawa.com/wp-content/uploads/2016/08/vacation_drive.png?w=680
  • 老後にした方がよい?
  • 若いうちにするべき?

といった疑問に、移住者目線でお答えします。

自己紹介
うえはらたすく 2014年に家族で沖縄に移住。会社員として働きながら、ブロガー・ライターとして活動しています。

【沖縄移住】老後にするべきか、若いうちにするべきなのか論について

先日こんなツイートをしました。

まず。沖縄移住を老後にすべきか、若いうちにすべき論について回答です。

結論:若いうちに移住すべき。

沖縄移住をするのであれば、若いうちの方が良いですね。理由について詳しく説明していきます。

若いうちの方が良い3つの理由

ではなぜ若いうちの方が良いのか、26歳の時に沖縄移住をして今までに感じた理由です。

  • 環境が合わなくてもやり直しができる
  • キャリアチェンジができる
  • お金がかからない

 

環境が合わなくてもやり直しができる

若いうちの方が環境が合わなくても、地元に戻るという選択肢もあります。

その場所に居続ける必要はありませんよね。その場所が違うと思えばサクッと逃げ出したりしても良いのです。

キャリアチェンジができる

その仕事のプロになる為には1万時間必要と言われています。

仕事を1日を8時間としたときに、1250日(約10年)あればその技術が定着します。ならば若いうちの方が時間がありますよね。

またIT・WEB関連であれば場所を選ばずどこでも仕事ができます。

お金がかからない

お金の使い方次第で、生活水準を抑えて暮らしていくこともできます。

今なら格安SIMやカーシェアを利用して通信費や車の維持費をできるだけかけない方法も多くあります。

固定費の大きな家賃は、都心部に住まなければ程よい新築物件だって探せます

老後に移住しない方が良い3つの理由

では逆に老後に移住しない方が良い理由についてもお答えしていきます。

  • 那覇市以外は車社会
  • 近所付き合いがむずかしい
  • 病気になった時のリスクが大きい

那覇市以外は車社会

沖縄は日本一の車社会です。

老後になってくるまで生活をすると、事故等の危険性も高くなりますよね。

車を持たない生活だとモノレール沿線だと可能だと思います。ただし、那覇市の一部だけ(浦添にも伸びましたが)ですので利便性は高いですが、その分生活コストも高くなります。

近所付き合いが難しい

暮らしていくとなると、近所付き合いは必須です。

都心部で近所付き合いが必要ないのであれば関係ないかもしれません。

ただローカル地域に行けば行くほどよそ者を受け入れない地区もありますので注意が必要です。

病気になった時のリスクが大きい

若い時でも病気はしますが、老後の体力とは大きく差があります。

もしもの時を考えておく必要もありますし、今が元気でもこれからずっと元気なわけではありませんよね。

近くに病院など安心できる地域なら大丈夫かもしれません。

でも迷ったらとりあえず住んでみるのも手段

そんなに若い方でもなく。でもそんなに年もとっていなくて、沖縄に移住したい!と言う人はとりあえず住んでみるのも手段です。

「旅行で沖縄を好きになったから移住したい!」

と言う考え方もありですが、実際に住んでみたり、現地で情報を集めたりしていると、思っていた時とは違う沖縄が見えてくるはずです。

沖縄移住を成功させている人の5つの特徴

サンプル数は少ないですが、私が出会った沖縄移住者の特徴です。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 地域の集まりにも参加する
  • 夫婦でどちらかが沖縄出身者
  • 夫婦どちらかが沖縄に親戚がいる
  • 周りに同じ趣味・仕事をしている仲間がいる

この5つについても説明していきます。

コミュニケーション能力が高い

普通に暮らしていて、挨拶ができたり会話ができていればOKです。コニュニケーション能力は才能ではなく、相手を思いやる気持ちから生まれます。

地域の集まりにも参加する

「郷に入れば郷に従え」という言葉の通り、コミュニティの中でお祭りや、共同作業なども出て来ます。

頑張りをアピールしなくても、参加していることで誠意を見せることができますので、周囲からの信頼も厚くなりますね。

夫婦のどちらかが沖縄出身

沖縄に生活の基盤があることはとても大切で、時間をかけずにコミュニティの輪の中に入っていけます。

また家・教育・地域・仕事・子育てなど移住生活の中で地域住民しか知らない情報をすぐに知れます。

夫婦どちらかが沖縄に親戚がいる

これもどちらかが沖縄出身者という事とほぼ同じ内容ですが、どこにも知り合いがいない状態と比べて、心の安定感が全く違っていきます。

血縁者がいるだけで心強さが生まれます、

周りに同じ趣味・仕事をしている仲間がいる

沖縄で代表的な趣味といえば、サーフィンやダイビング。人間は行動を共にすると親近感が湧きやすく仲間意識が強くなります。

同じ趣味の会話なら、話も続きますし、他の友達を紹介してくれることもあります。

また仕事だと、SNSでIT系の友人を作ったり、ブログを解説し発信していくうちにブログ仲間ができ、それがまた仕事を生み出すきっかけにも繋がっています。

沖縄移住まとめ

沖縄移住するなら私は若い方が良いと思っています。

とはいえ思い立ったタイミングが一番若いので、人のアドバイスやブログを読みながらでも、行動すると何かが変わるかもです。まずは行動してみることをお勧めします。

それでは。ではではー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です